Cybershoes®:VRの世界へと踏み出そう

自然な動きを実現した、世界初の没入型VRシューズ。無限の空間へ足を踏み入れよう。

 

Cybershoes®は両足に装着して仮想現実の世界を文字通り歩いたり走ったりできるVRアクセサリーです。Cybershoes®でかつて経験したことのない新しい世界へ踏み込みましょう。

これまでのVR

実際にいる小さい部屋とは裏腹に、果てしなく続くVRの世界。心ゆくまで探索してみたくなりますよね。ですがジョイスティックだと、動かしていて気分が悪くなる人も少なくありません。

 Cybershoes®について

自然な動きを実現した、世界初の没入型VRシューズ。無限の空間へ足を踏み入れよう。

フリーサイズだから誰にでもぴったり

 

Cybershoesで仮想現実の世界を歩き、走る

Cybershoes®を足に装着し、ゲーム内キャラクターのすべての動きを自分の脚でコントロール。古代の洞窟遺跡を探検したり、迫りくるゾンビの大群から逃げまどったりといったゲーム内体験を、臨場感たっぷりで満喫することができます。

ありがとうございます、CybershoesのKickstarterキャンペーンはすでに始まっています:

https://www.kickstarter.com/projects/cybershoes/cybershoes-step-into-vr

使い方

 ステップ1:靴の上からストラップを留める

座りながら、靴を履いたままでCybershoes®のストラップを留めます。
フリーサイズなので、すべてのサイズに対応しています。

ステップ2:椅子に座る

回転椅子を使います。ゲーム内で歩く際、椅子には半腰で座ります。これでCybershoes®の使い心地の良さと安全性を確保できます。

ステップ3:プレイしよう!

Cybershoes®の歩行はとても直感的。現実の空間に制限されることなく仮想現実の世界を楽しめます。

底の仕組み

Cybershoes®の底にはローラーがあり、ゲーム内キャラクターの動きを精密にトラッキングします。

ローラーの位置を把握すれば非常に効率的に使うことができ、脚が疲れることもありません。

ありがとうございます、CybershoesのKickstarterキャンペーンはすでに始まっています:

https://www.kickstarter.com/projects/cybershoes/cybershoes-step-into-vr

内部に方向トラッキング機能を搭載

Cybershoes®は常に方向を維持するので、横を見回しながら足の向きに歩くこともできます。

VR酔い

これについては個々の体質によって異なるため、特定の解決法はありません。しかし、Cybershoes®が有効であることは確かです。

ヒントを与えてくれたのは、東京ゲームショウでCybershoes®を見に来ていただいたPalmer Luckeyさん(Oculus VRの創業者でRiftの設計者)です。現実世界で歩く時、人は自然に頭を上下左右に軽く動かします。Cybershoes®を使っている時のプレイヤーの動きもまったく同じなのです。また、視界が歩く方向から切り離されていることも素晴らしいとのご意見でした。

ストレッチ目標

ストレッチ目標:  Zスケーリング

座っている体勢では、地面から物を拾うことができません。そこで思いついたのがZスケーリングです。SteamVRの最新アップデートで、この機能は廃止されています。皆さまからのご支援額が30万米ドルを超えればこの機能がいつでも利用できるようになり、必要に応じて仮想地面に手を届かせたり、完全にかがんだりすることができます。

ストレッチ目標:  ジャンプ

Cybershoes®でジャンプする機能を追加予定です!

ありがとうございます、CybershoesのKickstarterキャンペーンはすでに始まっています:

https://www.kickstarter.com/projects/cybershoes/cybershoes-step-into-vr

継続される機能

グラフィカルユーザーインターフェース

ユーザーインターフェース(UI)は、VRゲーム内から操作可能です。Cybershoes®をキャリブレーションして、あとは進むのみ!キャリブレーションは1つのゲームにつき一度のみ必要です。「Cybershoes®を合わせる」をクリックするだけで、Cybershoes®はヘッドセットと一致します。とても簡単!

互換性

Cybershoes®は、タッチパッドやサムスティックを利用して自由に移動するSteamVRアプリケーション各種と、Steamのプラットフォームを介したVive、Oculus Rift、Pimax、Microsoft Mixed Realityに対応しています。

互換性

Cybershoes®は、タッチパッドやサムスティックを利用して自由に移動するSteamVRアプリケーション各種と、Steamのプラットフォームを介したVive、Oculus Rift、Pimax、Microsoft Mixed Realityに対応しています。

ありがとうございます、CybershoesのKickstarterキャンペーンはすでに始まっています:

https://www.kickstarter.com/projects/cybershoes/cybershoes-step-into-vr

評価

Cybershoes®をゲーム業界に広めるべく、「E3」(アメリカ・ロサンゼルス)、「Gamescom」(ドイツ・ケルン)、「東京ゲームショウ」(日本・東京)に出展したところ、大変なご反響をいただきました!世界中の人々が来場して私たちのブースに立ち寄り、Cybershoes®のシンプルさと有能さに驚いていらっしゃいました。

Gamescom 2018ではVirtual Reality OasisのMikeさんにCybershoeを試していただきました。

Mixed Reality TVにて、CybershoesとPimaxの 55分間のライブテストを実行。完全没入に設定。コメントをご覧ください。

「E3」ではRogue Shadowさんに試していただきました。

その他の評価リンク

VoodooDE/testet die Cybershoes @Gamescom 2018.

PCGamesN/ Jacob has gone hands-on, nay, feet-on with Cybershoes 

VR Focus/Interview at E3 2018

PC-Welt/ Verändert dieser Schuh das VR-Gaming?

MRTV tested Cybershoes

TURN ON/ Alexi Bexi & Meru testen die Cybershoes 

紹介されたメディア

ありがとうございます、CybershoesのKickstarterキャンペーンはすでに始まっています:

https://www.kickstarter.com/projects/cybershoes/cybershoes-step-into-vr

ユーザーの声/反応

「E3」(アメリカ・ロサンゼルス)、「Gamescom」(ドイツ・ケルン)、「東京ゲームショウ」(日本・東京)にて、3200人以上の方にCybershoes®の最新バージョンを試していただきました。

その他のゲームプレイ(Skyrim)

提供コンテンツ

Cybershoes®には、専用無線受信機が付属します。受信機はUSBでお持ちのパソコンに接続し、Bluetoothではなく無線機を使うことで安定性とパフォーマンスを確保しています。Cybershoes®のメインチャネルで、最大2台のステーションを作動できます。アーケードや専用マルチプレイヤーのセットアップには、複数のチャネルで動作するマルチプレイヤーパッケージをご提案しております。

3時間の充電(Micro USB)で、8~10時間プレイできます。滑りやすいため、Cybershoes®を履いたまま家の中を歩き回らないでください。最大荷重は100kgで、これは一般的なバースツールと同じ数値です。頑丈なスタンドと椅子(当社のプレミアムパッケージに含まれるものなど)を使い座った状態で使用していれるかぎり、大抵の場合は重さを気にせずお楽しみいただけます。

ありがとうございます、CybershoesのKickstarterキャンペーンはすでに始まっています:

https://www.kickstarter.com/projects/cybershoes/cybershoes-step-into-vr

バースツール/椅子

本製品の発売時期には、国や入手状況などで分類された推奨バースツールも発売する予定です。Cybershoes®は、非常に多くのバースツールと優れた相性を示すことがわかっています。さまざまなイベントでスツールを試験し、アメリカ、ヨーロッパ、日本のAmazonでは40~80ドルのものをサンプルとして購入しました。オフィスチェアは重すぎ、回転速度が不足しているため本製品との併用はお勧めできません。

CYBERSHOES®プレミアムパッケージ

その中で、私たちはある椅子に注目しました。それは動きを考慮した設計で、極めて高品質なうえに、リサイクル材料を100%使用しています。今回は椅子メーカーの「HAG」の協力で、プレミアムパッケージ版の特注品を用意しました。ベースモデルにはHAG Capisco Puls 8001(背もたれなし)とCapisco Puls 8010(背もたれあり)を使用していますが、こちらは本来オフィス用製品のため、調整が必要でした。同製品の既成スタンドでは、脚を自由に動かすことができなかったため、代わりにCybecarpetで覆われた丈夫な鉄製スタンドを同梱しています。

CYBERCARPET

Cybershoes®の操作にはカーペットが必要です。プレイ領域が150cmあるカーペットであれば、どんなカーペットでも構いません。ただし、毛足が長いものや、表面が不均一なものはおすすめしません。薄いカーペットでも使用上の問題はありませんが、底のローラーの感覚が気になるかもしれません。また、Cybershoes®を便利にお使いいただくため、理想的なサイズ、厚さ、質感の「Cybercarpet」をご用意しています。

ケーブル管理

ケーブル管理にはHTCワイヤレスアダプタ、TP CASTワイヤレスアダプタ(HTCおよびOculus用)、そしておすすめのIKEA Regolitランプを使用することができます。IKEA Regolitを使う場合は、ランプシェードを外すだけの簡単なカスタマイズを行います。お手頃で便利、それでいて実用的なアイテムです。

主な機能

開発の流れ

CYBERSHOESチーム

私たちは2015年から、仮想現実の世界において、もっとも基本的な移動手段である歩行を実現する方法を探してきました。この可能性とVRコンテンツの親和性に気がついた私たちは、すでに市販されている優れた製品を讃えながらも、その先を目指して、人間と機械をつなぐインタフェースの製作を始めました。

ありがとうございます、CybershoesのKickstarterキャンペーンはすでに始まっています:

https://www.kickstarter.com/projects/cybershoes/cybershoes-step-into-vr

感謝の気持ちを込めて

ぜひ一緒に実現させましょう!!

お問い合わせは、kickstarter@cybershoes.ioまでご連絡ください

プレスキットのダウンロード

 

リスクと挑戦

「ハードウェアはハードだ(難しい)」という常套句がありますが、それはある程度まで正しいといえるでしょう。現段階について言えば、ハードウェアコンポーネントの試験は部分的に行えないということがその主な理由です。ハードウェアコンポーネントの試験では、感覚、電子工学、機械学が相互に作用するからです。

Cybershoes®をゲーム業界に投入する前に、1年半ほどさまざまなVRイベントで第2世代の試作品をテストし、改良しました。大きく進化した第3世代は、「E3」で3200人が次から次へと使用したにもかかわらず、見事に持ちこたえました。「E3」の最初のプレゼンテーションでは一部システムに不具合があったものの、「Gamescom」では中断なく動作してくれました!「東京ゲームショウ」以降、グラフィカルユーザーインターフェース、ビューの分断、Cybershoes®の方向は、問題なく機能しています!

こうした回避策を取ると、生産に潜在的なリスクを生じさせるため、省略することにしました。シンプルさを守り、プレイヤーが本当に必要としているものをご提供します。

量産のリスクを軽減するために、エストニアのDFMと最終検査・金型・PCB(回路)設計契約を結びました。この企業には、スマートランニングシューズ、無線施錠、軍用監視装置といった豊富な経験があります。

 

言うまでもなく、すべての詳細を検査、確認しています!社内で3年以上開発を行い、すべての試作品を扱っていたため、他に方法はありません。

* 下側と上側のプラスチック部品の間の継ぎ目位置を6mm変更します。
* PCBのレイアウトを変更します。ただし、同種の部品にこだわります。
* Oculusホームへの直接統合について:すべてがこちら次第というわけではなく、将来のドライバの変更および更新にも左右されます。
* SteamVRプラットフォームは非常にオープンであるため、SteamVR、SteamVR経由でのOculusとの互換性を失うリスクはありません。
* コンソールの互換性については、何らかの約束をすることはできません。Cybershoes®をサポートし、統合するという献身的な決定を行うコンソールメーカーが表われるかどうか、ということです。

安全性
安価なバースツールの中には、スタンドが非常に小さいものがあります。私たちがイベントで試験したイスは、中ぐらいのサイズがあり機能性も証明されています。ただし、Cybershoes®を体験した3200人のうち、背の高い、非常に活発な男性が夢中になりすぎてイスごと転倒するなど、機能したと言い切れない事例が2回ありました。したがって、法的責任が伴わないので、慎重になり、ご自分の周りに危ない物がないことを必ず確認しなければなりません。

また、Cybershoes®は滑るため、これを履いて家の中を歩き回らないでください。最大100kgの重さに耐えられるようになっています。これはほとんどのバーのイスと同じ耐荷重です。これを履いて立つことはなく、丈夫なイスと基盤(当社のプレミアムパッケージの一品のような)を使用するため、Cybershoes®を使う際はほとんど重さを気にしなくて済みます。

関税
入念な調査をしたところ、アメリカ、日本、その他の多くの国では、VRアクセサリに輸入関税はかかりません。今日の時点で、アメリカでは付加価値税もかかりません。ただし、規制は変更されて関税や付加価値税の対象になる可能性があるため、ご了承ください。Cybershoes® GmbHは、オーストリアおよびヨーロッパの法律および税制の下、オーストリアで登記された有限会社です。欧州にお住いのお客様には、付加価値税がかからず当社が代金を負担します。

Kickstarterの説明責任について

分からないことがあれば、まずはFAQをチェック

ありがとうございます、CybershoesのKickstarterキャンペーンはすでに始まっています:

https://www.kickstarter.com/projects/cybershoes/cybershoes-step-into-vr

[data-image-id='gourmet_bg']
[data-image-id='gourmet_bg']
[data-image-id='gourmet_bg']
[data-image-id='gourmet_bg']
[data-image-id='gourmet_bg']
[data-image-id='gourmet_bg']
[data-image-id='gourmet']
[data-image-id='gourmet']
[data-image-id='gourmet']
[data-image-id='gourmet']
[data-image-id='gourmet']
[data-image-id='gourmet']
[data-image-id='gourmet']
[data-image-id='gourmet']
[data-image-id='gourmet']
[data-image-id='gourmet']
[index]
[index]
[i]
[i]
[index]
[index]