2016年

それは2016年夏、私たちの仕事場はとても暑かったのです。 Michaelは、ハーネスを装着するのにうんざりしていました ハーネスをサポートフレームに連結するのは厄介でした。 。 更に、一旦立ち上がりコンピュータからトレッドミルまでの数歩を歩いて、ハーネス装着をするのは、本当に面倒で億劫でした。 興味深いことに、それはとてもゆるやかな歩調で、そして靴の形は、すでに滑らかな歩行運動を支えていました。 興味深いことに、それはとてもゆるやかな歩調で、そして靴の形は、すでに滑らかな歩行運動を支えていました。 トレッドミルに夢中になっていなかったので、彼は、自由な気分になりました。 – 仮想現実の中を歩くための靴 。このアイデアが生まれました。

私たちは、二つ目のの特許を申請しました:Cybershoes®と一緒に座って歩くこと、そして私達はCybershoes®が、現今では、彼らがどのように見えて働くのかを説明しました。

そして、CNCミリングマシン(フライス盤)を注文しました:

そして、最初の試作品を作りました。

2017年 一般公開

2017年4月、私たちはオーストリアのウィーンで開催された4GAMECHANGERフェスティバルにおいて、最初のCybershoes®の試作品を発表しました。
この大会の後、私たちは正しい道を進んでいることに確信しました。 人々は、それをとても気に入りました! VRで歩こう。

かつては、その靴は白色でした…

私たちをシェアし、私たちを愛し、私たちのように、どこでも:)

Facebook Instagram Twitter Youtube

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>