こんにちは、

@Article
GizmodoからのCybershoesに関するこの新しい記事をチェックして下さい:VRゲーマー必携アイテムですよ!
Check this new article from Gizmodo about Cybershoes: VR gamer must-have item!

@DFM

素晴らしいニュースは、10月10日 私たちがDFM会社と双方との契約協定で合意したことで、明確に$ 330 000で確認されているということです。私たちは、あなたをジャンプさせます!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2016年

前回の記事で述べたように、私たちは「3D Walker」という名前の正面指向のVRトレッドミルを開発しました。

3D Walker使用時
3D Walker使用時

このトレッドミルで実際にVRを歩くためには、ユーザーはCybershoes®と呼ばれる特別にデザインされた靴(聞き慣れましたか?)とバンジーストラップで自分自身を結ぶ必要がありました。

2代目のCybershoes®
2代目のCybershoes®

歩くのは、良かったのですが、直感的には充分ではありませんでした 改良には、多くの作業が必要でした。

korrekte beinachse und normale fußstellung
正しい脚の軸と通常の足の位置

トレッドミル パラダイム シフト(パラダイム変化) – 座って&歩く
おそらくあなたたちの何人かは、「なぜ私たちが、立った姿勢から、座っている体勢へ上手く解決策として移行出来たのか?」と訪ねたいことでしょう。 と訪ねたいことでしょう。
トレッドミルの解決策は、次のとおりです。: 「生産するには高すぎる、出荷するには高すぎる、買うには高価だ!」

これは、 3D Walkerが消費者向けの解決策には、決してならないと言うことを意味します。 🙁

しかし、座ると言うのは主な考えではありませんでした(アイデアは後で出て来ました)。)>実際、それにも関わらず、私たちは未だ3D Walkerを改良し続けました。 どうかRollin VRファンを続けてください…

私たちが何故座ったのか?の実話は、ここにあります。

@ Cybershoes®の発明

それは2016年夏、私たちの仕事場はとても暑かったのです。
Michaelは、ハーネスを装着するのにうんざりしていました。 ハーネスをサポートフレームに連結するのは厄介でした。 更に、一旦立ち上がりコンピュータからトレッドミルまでの数歩を歩いて、ハーネス装着をするのは、本当に面倒で億劫でした。 彼は椅子の下にマットを置き、システムをテストしながらArduinoのプログラミングを始めました。 興味深いことに、それはとてもゆるやかな歩調で、そして靴の形は、すでに滑らかな歩行運動を支えていました。 トレッドミルに夢中になっていなかったので、彼は、自由な気分になりました。 Michaelは、「もし私たちが代わりに椅子を使うならば、どうだろう?」 と彼自身に尋ねました。 誰もが椅子を持っています。 私たちは、靴しか提供できないだろう! 私たちは、世界初のVRシューズメーカーになるかも知れない。 私たちは、CYBERSHOESを作ることができます。 – 仮想現実の中を歩くための靴 。このアイデアが生まれました。

つづく…

私たちをシェアし、私たちを愛し、私たちのように、どこでも:)

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>