私たちは、自分たちを満たすためにCybershoes®を始めたわけではありません。 私たちは、歩くことが空間にアクセスする方法の最も基本的な方法であると、心からに信じています。
私たちは、VRに足を踏み込みましょう。

2015年

前回のアップデートでお見せしたように、私たちは概念実証を構築し、初めて仮想現実を歩いて、「VRを探索する唯一の方法は歩くこと」という考えに、完全に夢中 になりました。
VRの建築ウォークスルー(architecturalwalk-through)を行うために、UE4で基本的な詳細計画を作成する方法と、パッケージ化された最初のコンテンツも学びました。

私たちはトレッドミルの問題点は、それらが大きくで高価であるということ、そして、あなたは多くのスペースとハードウェアを必要であると、気づきました。

VR体験をモバイル化するための1つの提案は、ヨーロッパを駆け抜けて驚くべき新産業についての情報を広めることでした。

または、それをモールで展示するには:

アイデア、アイデア、アイデア! VRの素晴らしいところは、それが非常に多くの可能性を開くということです!
しかし、私たちの大きな夢を実現するには、概念実証に多くの反復が必要でした 私たちは機械を装備し、ワークショップを開催し、3D Walker原型の構築を始めました。

ワークショップCybershoes GmbH
ワークショップCybershoes GmbH

3D Walker

これは、正面指向のVRトレッドミル「3D WALKER」の試作品のビデオです。 これは、正面指向のVRトレッドミル「3D WALKER」の試作品のビデオです。
2015年にOculus DK2には、仮想世界と対話するためのコントローラーが付属していなかったことを覚えている人も多いでしょう。 それはHTC Viveと共に、後で紹介されました。 KinectとプラグインUnreal Engine 4を使って、オブジェクトを移動したり、天空の位置を変えたり、スクリーンショットをキャプチャしたりしました。ビデオに表示されているものです。

つづく…

そしていつものように:忘れないで!Cybershoes®は座ってプレイしても、座ったVRのようには感じないのです。
あなたは、Player Oneの準備はできていますか?

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>